スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県出身の人物一覧

大分県出身の人物一覧(おおいたけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、大分県出身の人物の一覧である。公人政治家首相・議長経験者村山富市(元内閣総理大臣)元田肇(元衆議院議長)綾部健太郎(元衆議院議長):香川県出身、出生地と選挙区が大分県現職の国会議員井脇ノブ子(衆議院議員:比例近畿ブロック)横光克彦(衆議院議員:比例九州ブロック)衛藤征士郎(衆議院議員:比例九州ブロック)吉良州司(衆議院議員:大分1区)重野安正(衆議院議員:大分2区)岩屋毅(衆議院議員:大分3区)衛藤晟一(参議院議員:比例区)足立信也(参議院議員:大分選挙区)礒崎陽輔(参議院議員:大分選挙区)県知事広瀬勝貞(大分県知事)市町村長釘宮磐(大分市長)浜田博(別府市長)新貝正勝(中津市長)西嶋泰義(佐伯市長)佐藤陽一(日田市長)時枝正昭(宇佐市長)後藤国利(臼杵市長)芦刈幸雄(豊後大野市長)首藤奉文(由布市長)野田侃生(国東市長)八坂恭介(杵築市長)牧剛尓(竹田市長)永松博文(豊後高田市長)吉本幸司(津久見市長)工藤義見(日出町長)小林公明(玖珠町長)坂本和昭(九重町長)藤本昭夫(姫島村長)その他の政治家重光葵西村英一村上勇佐藤文生官僚一万田尚登(第18代日本銀行総裁)井上準之助(第9・11代日本銀行総裁)漆間巌(元警察庁長官、元内閣官房副長官)坪井幸生(九州管区警察局長)奈良靖彦(駐カナダ特命全権大使)三重野康(第26代日本銀行総裁)山本達雄(第5代日本銀行総裁)軍人阿南惟幾(陸軍大将、陸軍大臣):竹田市岩下保太郎(海軍少将):大分市梅津美治郎(陸軍大将、参謀総長):中津市金谷範三(陸軍大将、参謀総長):豊後高田市河合操(陸軍大将、参謀総長、枢密顧問官):杵築市木梨鷹一(海軍少将):臼杵市吉良俊一(海軍中将):大分市友永丈市(海軍中佐、ミッドウェー海戦第一次攻撃隊隊長、空母「飛龍」飛行隊長、艦上攻撃機):別府市豊田隈雄(海軍大佐):速見郡山香町(現在の杵築市山香町)豊田副武(海軍大将、軍令部総長):杵築市中津留達雄(海軍少佐、最後の特別攻撃隊隊長、1945年8月15日玉音放送後に大分から発進、第五航空艦隊前司令長官宇垣纏に同道):津久見市西田高光(海軍少佐、神風特別攻撃隊 第五筑波隊隊長):豊後大野市清川町広瀬武夫(海軍中佐、軍神):竹田市藤田怡与蔵(海軍少佐、空母「蒼龍」戦闘機隊、「零戦搭乗員会」元代表世話人):中国天津出身、旧制杵築中学卒堀悌吉(海軍中将、海軍省軍務局長):杵築市溝部洋六(海軍大佐):大分市大字勢家南次郎(陸軍大将、陸軍大臣、枢密顧問官):豊後高田市横井忠雄(海軍少将):大分市自衛官松本克彦(海将、呉地方総監)文化人人間国宝(重要無形文化財保持者)生野祥雲斎(工芸技術 - 竹芸)画家・イラストレータ田能村竹田(江戸時代)高山辰雄福田平八郎武藤完一吉村益信宇治山哲平末弥純赤木範陸カメラマン阿部ちひろ彫刻家朝倉文夫渡辺長男日名子実三(実蔵)建築家磯崎新吉武東里吉武泰水作家小石房子小野不由美野上弥生子松下竜一矢玉四郎三雲岳斗葉子・ハュス・綿貫漫画家アキヨシカズタカ麻生豊阿南まゆき石山東吉宇野比呂士衛藤ヒロユキ方倉陽二久世みずきこやま基夫惣領冬実田辺節雄富永一朗:生まれは京都姫野よしかず牧原若菜松浦まさふみ松本夏実盛田賢司安永航一郎八坂考訓矢幡和俊若杉公徳アニメーション制作関係者今沢哲男(アニメ演出家、監督)追崎史敏(アニメーター)三条陸(アニメ脚本家)中鶴勝祥(アニメーター)長濱博史(アニメーター、アニメ監督)俳人・詩人・歌人丸山薫作詞家・作曲家滝廉太郎清瀬保二佐藤義美高槻真裕麻生圭子(兼エッセイスト):日田市学者麻田剛立(天文学者)大江志乃夫(歴史学者)大蔵永常(農学者)栗木安延(経済学者)高原文郎(宇宙物理学者)平井正則(天文学者)広瀬淡窓(儒学者)三浦梅園(自然哲学者)脇蘭室(儒学者)帆足万里(儒学者)毛利空桑(儒学者)前野良沢(蘭学者)映画監督貞永方久:旧満州生まれアナウンサーNHK今道琢也(京都局):宇佐市工藤三郎(NHK放送センター)廣瀬智美(NHK放送センター):大分市OBS大分放送石川正史(元山口放送):大分市伊東真理:豊後大野市・旧緒方町海原みどり:大分市小田崇之:大分市小野亜希子:大分市工藤洋史(報道部記者、「OBSニュースライン」メインキャスター):大分市工藤由美:竹田市斎藤志乃(報道部記者兼任):大分市松井督治:臼杵市三重野勝己(「OBSニュースライン」水・木・金曜キャスター):大分市吉田諭司:大分市米浜由圭TOSテレビ大分小笠原正典:兵庫県生まれ、大分市育ち岡村誠之:佐伯市・旧蒲江町可兒亮子:大分市金井陽子(報道部記者):大分市、県立上野丘卒・大分大学卒工藤健太:大分市工藤崇之佐藤正和:大分市菅未来:大分市手柴真由美:由布市・

ココログ
最新記事満載ブログ
ライブチャット
ショッピング枠現金化
2ショットチャット
スポンサーサイト

サンタ列車に子どもたちが大喜び=兵庫県加西市〔地域〕(時事通信)

サンタ列車に子どもたちが大喜び=兵庫県加西市〔地域〕(時事通信)

 兵庫県加西市と小野市の間(13.6キロ)を結ぶ第三セクター、北条鉄道で毎年恒例の「サンタ列車」の運行が始まった。
 同列車の運行は今年で21回目。一般の車両にもう1両を連結し、車内をクリスマスツリーやモールなどの飾りで彩り、23日まで1日2回運行する。
 車内では、大学生やボランティアサークルのメンバーがサンタクロースとトナカイに扮(ふん)し、往復約1時間の道中、子どもたちを相手に、歌や紙芝居、手遊びなどを行い、一足早いクリスマスを楽しんだ。
 平日は幼稚園や保育園といった団体、土曜日と日曜日は個人の予約をそれぞれ受け付けているが、23日までの募集定員(1回70人)はすべて満席という。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕ライトアップにサンタ120人が集合=水戸市
〔地域の情報〕GW限定「久慈ありす」ヘッドマーク=三陸鉄道
〔地域の情報〕「江ノ電サンタ」がプレゼント配布=神奈川
〔地域の情報〕クリスマス電車に乗ってみよう=広島
〔地域の情報〕サンタの仮装でマラソン大会=静岡・伊豆

t6l3yf7fの日記
見なきゃ損なブログ
クレジットカード現金化 比較
出会いランキング
2ショットチャット

元厚生次官ら連続殺傷 2回公判(10) 「私の心を読めるのか」被告自ら質問、鑑定医と“バトル”(産経新聞)

元厚生次官ら連続殺傷 2回公判(10) 「私の心を読めるのか」被告自ら質問、鑑定医と“バトル”(産経新聞)

 《約20分の休廷が終わった。手で鼻をこするようなしぐさをみせながら、目線を落とした状態で弁護人の前の長イスに座る小泉毅被告(47)。伝田喜久裁判長が開廷を告げ、小泉被告の精神鑑定を担当した獨協医大越谷病院の井原裕教授の証人尋問が再開した。どうやら今度は小泉被告自身が質問するようだ》

 裁判長「その(着席した)ままで結構です。どのくらいかかりますか」

 被告「状況によって変わります。いいですか」

 《小泉被告は井原教授を見据えて質問を始めた》

 被告「まず、私を面接した回数は何回ですか」

 証人「面接に該当するのは9回です」

 被告「1回あたりは何時間ですか」

 証人「1時間ちょっとだと思いますけど」

 被告「では総時間は」

 証人「合計時間を答えることは意味がありません」

 被告「あとから意味は出てきます」

 証人「ですから説明しますが…」

 《ここで、弁護人が伝田裁判長に井原教授が質問に答えていないことを指摘、伝田裁判長が井原教授に答えを促した》

 証人「9時間ぐらいです」

 被告「既成の質問用紙を見ながらの質問はどのくらい?」

 証人「半分くらいです」

 被告「それは違いますね。だからさっきからうそが多いから、うそを指摘したい」

 《井原教授の答えに間髪入れずに続けた小泉被告に対し、伝田裁判長がなだめるように話しかけた》

 裁判長「あなたが違うと思うことは被告人質問の場で言ってもらいますから」

 被告「ここでは反論できないんですか」

 裁判長「言ってもいいけど、言い合いになっても仕方ないと思います」

 《小泉被告は再び落ち着いた口調で質問に戻る》

 被告「実際は4分の3くらいではないですか」

 証人「そうかな。そんなにテストやりたくても小泉さんが途中でやめたのもありますし」

 被告「やめてはいません」

 証人「そうかな。半々くらいじゃないかと思いますが」

 被告「そしたら次の話題がないな」

 《これまで井原教授を見ていた小泉被告は視線を落とし、苦笑する。再び質問に戻る》

 被告「自分の感覚では生の話は2時間もなかった」

 証人「それを言ったら、すべての時間が生の話じゃなかった可能性がありますが」

 被告「実質、君が質問したのは1時間くらいしかない」

 証人「小泉さんは私に対していろいろな批判をしてくれましたね。それらもすべて鑑定書を書く上で重要な所見になりました。だから、小泉さんは9時間誠実な証人でした」

 被告「そういうことではなく、生の話は1時間しかなかったのでは」

 証人「定義次第なので何とも言えません」

 被告「結局、君は全く何もかもうそをついている。うそで答えられるから質問しても意味がないというか…」

 《2人のかみ合わない議論が続く中、伝田裁判長が小泉被告に「意見は被告人質問で述べるように」と伝えた》

 被告「では、『なぜ毎日精神鑑定に来ないのか』と私が言ったとき、あなたはなんと言いましたか」

 証人「普段仕事をしているので。またある程度鑑定時間が取りたかったというのも」

 《弁護人が「質問に答えていない」と指摘、裁判長も答えを促す》

 証人「よく覚えていません」

 被告「『忙しいからこちらも1週間に1度来るのがやっと』と言ったんですよ。私が『なぜ鑑定引き受けたんですか』と質問したときはなんと答えましたか」

 証人「鑑定人はみんな仕事を持っているので…」

 被告「『断った』と言いませんでしたか」

 証人「そうです、2回断りました」

 被告「『だれもいないのでしぶしぶ引き受けた。だからやりたくない』と答えました。どうですか」

 証人「答えたかもしれません。ただ、ここでは心の中を言う必要はないのでは」

 被告「言い訳はいいから。『ようは精神鑑定は片手間ですか』と聞いたら何と答えましたか」

 証人「覚えてません」

 《小泉被告は井原教授と机を交互に見やりながら続ける》

 被告「『私には仕事があるから片手間といわれればそうかも』と答えましたね?」

 証人「国民のために刑事裁判の鑑定は引き受ける必要があります」

 被告「なぜ本当のことを言わないんですか」

 証人「黙って聞きなさい。国民のためと思ってやっています。片手間なんて…」

 被告「『片手間…』は私が聞いたんです。そしたら君は『そうかもしれない』と言ったんです」

 証人「覚えていませんが、ないがしろにするようなことはありません。片手間といわれ続けるのは不本意です」

 《ここで伝田裁判長が代弁する》

 裁判長「そういうことは言ってないということですね」

 被告「それもうそですよね。国民のためといったけど、たった9時間で、そのうちほとんどテストや質問だった。だから結局3カ月の鑑定といっても1日で終わる。医学検査が1日なので、計2日で終わるくらいの鑑定しかしてないんですよ。2日で終わるようなレベルなんです」

 《小泉被告の“意見”に井原教授が反論する》

 証人「あえて9回、10回に分けたことはどんな風に変わっていくのかを時系列に見たいという理由がありました。計何時間と彼は言いますが、彼の短くしてほしいという希望と、正確な鑑定書を書くというギリギリのラインを縫って3カ月で鑑定したんです」

 被告「ただの言い訳です」

 《小泉被告は視線を下に向けたままこう話した。そして、再び質問を続ける》

 被告「あと信頼性についてですが、『人の心が分かるんですか』と聞いたとき、なんと答えましたか」

 証人「覚えてないです」

 被告「逃げるんですか。あなたは『分からない』と言った」

 証人「『分からない』と一言だけということはないと思います」

 被告「何度も質問したのに分からないというのは、質問を聞いていないということではないですか。私が『では何が分かるんですか』と聞いたときは何と答えましたか」

 証人「『心の状況を明らかにすることではなくて、責任能力や精神学的な診断を明らかにすれば目的は達する』と言ったと思います」

 被告「あなたが言ったのは『誰が見ても異常な精神状態の人は分かる。酒を飲んだら変わる人も分かる。あと、世間は精神鑑定を過大評価している』と言いました。思いだしましたか」

 証人「そういう記憶はございます」

 《小泉被告はさらに続ける》

 被告「分かるというのは主観ですか、それとも理論ですか」

 証人「はいでもあり、いいえでもあります。精神医学ではAかBかといわれたとき、AとBが矛盾しないこともあるんです」

 被告「矛盾しないとは?」

 証人「主観的でなければ面接は不可能です。ただ、面接で得られた結果を客観的な体系から診断していくということです」

 被告「理論があるんですか」

 証人「アメリカの協会やWHO(世界保健機関)が出している体系があるんですよ」

 《精神鑑定の正しさの定義についての質問が続く》

 被告「理論には定理がありますよね。この場合の定理には仮定が含まれていますか」

 証人「これをお答えするのはこの場ではどうなんですか」

 《裁判長が小泉被告に質問の意図を尋ね、小泉被告は語気を強くしながら続ける》

 被告「理論があるなら100人とも同じ結論になる。理論とはそういうものです。学問とはそういうものです」

 証人「そうとはいえません」

 裁判長「鑑定は人によって違うということです」

 被告「他の学問は答えが1つなのになぜ精神学だけ複数になるのですか」

 証人「今、DNA鑑定もすべての検査者で一致と言うことはありません。それと同じことです」

 被告「君はいつも『心は分からない』と言っていた。それなのになぜ、犯行までさかのぼって私の心が読めるのですか」

 証人「全く理解できないというわけではないです」

 被告「それは主観ですか」

 証人「先ほどと同じ答えになりますが、主観で得た知識を体系に照らして…」

 被告「そういうことを私にもしたんですか」

 証人「もちろんです」

 被告「具体的には」

 証人「さっきの主尋問で答えました」

 《ここから小泉被告は話題を鑑定中の井原教授の様子に変えていく》

 被告「私が鑑定を否定したのでプライドが傷ついたのではないですか」

 証人「全然そんなことはありません」

 被告「それなら、怒ったような表情をしていたのはどうしてですか」

 証人「今の社会での精神鑑定の扱われ方については憤りもありますが、ここでは学問的な議論が求められているわけではないので、オーソドックスな方法で鑑定を行いました」

 被告「そういうことを聞いているのではない」

 裁判長「怒ったような表情をしましたか」

 証人「したかもしれません。鑑定の現状については憤りもありますから」

 被告「面接中ずっとイライラしていましたね。どうしてですか」

 証人「イライラしていません。小泉さんには感謝していました」

 《執拗(しつよう)に井原教授が鑑定中にイライラしていたということを強調する小泉被告。まだまだ聞きたいことはあるようだ》

     =(11)に続く

【関連:元厚生次官ら連続殺傷】
2回公判 「極刑に値する」被害者の夫が証言
2回公判 「一番重い刑を」被害者が証言
「チロちゃん」に対する小泉被告の偏執的な愛とは…
小泉被告、好きなモノは時代劇とナウシカ
愛犬のことばかりの被告に涙ぬぐう遺族

カタルーニャ語なら簡単
見なきゃ損なブログ
無料携帯ホームページ
ライブチャット
2ショットチャット

生活保護費への老齢・母子加算廃止は合憲…京都地裁(読売新聞)

生活保護費への老齢・母子加算廃止は合憲…京都地裁(読売新聞)

 生活保護費に上乗せされる「老齢加算」と「母子加算」を廃止したのは、憲法が保障する生存権の侵害だとして、京都府内の生活保護受給者4人が京都、城陽両市を相手取り、廃止の取り消しを求めた訴訟の判決が14日、京都地裁であった。

 滝華(たきはな)聡之裁判長は「加算廃止は厚生労働相の裁量権の範囲内で、違憲や違法性はない」として請求を棄却した。原告側は控訴した。

 政権交代後、母子加算については、今月から来年3月末までの期間限定で復活した。復活後の司法判断は初めて。

 訴訟では、厚労相の決定を受けた2005年度末の老齢加算廃止、08年度末の母子加算廃止が、憲法25条が保障する「健康で文化的な最低限度の生活」を営む権利(生存権)を侵害するかが最大の争点になった。判決で滝華裁判長は「国の財政事情や政策的判断、専門家らの意見などを根拠に、厚労相が加算廃止を検討した手法は合理的。最低限度の生活を下回る結果をもたらしているとは言えない」と判断した。

猫研究室
rtypeのブログ
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
出会いランキング

ザ・やなせふなおか

ザ・やなせふなおかは、吉本興業所属のお笑いコンビ。2006年にコンビ結成。京橋花月の舞台中心に活動中。メンバー柳瀬たかお(本名:梁瀬暁生。1975年6月5日 - )ボケ担当。大阪府羽曳野市出身。大阪NSC13期生。1994年に「騎兵隊」を結成。朝日放送「クイズ!紳助くん」のなにわ突撃隊としても活躍。2006年解散しピン芸人で活動をした。元相方の野呂は一般人となり島田紳助出資したお好み焼き屋「のろ」の社長をやっている。舟岡昭浩(本名:同じ。1975年10月14日 - )ツッコミ担当。滋賀県八日市市(現東近江市)出身。元松竹芸能所属で「ラブミーテンダー」「レイカーズ」などで活躍。びわ湖放送の「びわ湖カンパニー」にもレギュラーで出演していた。「ラブミーテンダー」時代の相方である西井はダブルダッチとして、「レイカーズ」時代の相方である森はピン芸人として活動。嫌いな食べ物は葱である。出演番組テレビラジオ過去RUNNING☆HIGH(金曜 17:00-20:00、BIWA WAVE)※舟岡のみCLUB PEACE PRIVATE LOUNGE(日曜 23:00-24:00、BIWA WAVE)※舟岡のみ外部リンク公式プロフィールRunning☆High 舟岡昭浩 NAO ?: B-WAVE 79.1 FM - 閉鎖 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%84%E3%81%AA%E3%81%9B%E3%81%B5%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%8B」より作成カテゴリ: お笑い芸人 | 吉本興業隠しカテゴリ: お笑い芸人に関するスタブザ・やなせふなおかは、吉本興業所属のお笑いコンビ。2006年にコンビ結成。京橋花月の舞台中心に活動中。メンバー柳瀬たかお(本名:梁瀬暁生。1975年6月5日 - )ボケ担当。大阪府羽曳野市出身。大阪NSC13期生。1994年に「騎兵隊」を結成。朝日放送「クイズ!紳助くん」のなにわ突撃隊としても活躍。2006年解散しピン芸人で活動をした。元相方の野呂は一般人となり島田紳助出資したお好み焼き屋「のろ」の社長をやっている。舟岡昭浩(本名:同じ。1975年10月14日 - )ツッコミ担当。滋賀県八日市市(現東近江市)出身。元松竹芸能所属で「ラブミーテンダー」「レイカーズ」などで活躍。びわ湖放送の「びわ湖カンパニー」にもレギュラーで出演していた。「ラブミーテンダー」時代の相方である西井はダブルダッチとして、「レイカーズ」時代の相方である森はピン芸人として活動。嫌いな食べ物は葱である。出演番組テレビラジオ過去RUNNING☆HIGH(金曜 17:00-20:00、BIWA WAVE)※舟岡のみCLUB PEACE PRIVATE LOUNGE(日曜 23:00-24:00、BIWA WAVE)※舟岡のみ外部リンク公式プロフィールRunning☆High 舟岡昭浩 NAO ?: B-WAVE 79.1 FM - 閉鎖 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%84%E3%81%AA%E3%81%9B%E3%81%B5%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%8B」より作成カテゴリ: お笑い芸人 | 吉本興業隠しカテゴリ: お笑い芸人に関するスタブ

My First JUGEM!
スペイン語だけで旅をしたい!
競馬情報
出会いランキング
パチンコ攻略
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。